任天堂のすごさを垣間見たとき

これは某サイトで書いた日記(2007-11-08)の転載です。

うちには NINTENDO DS が2台ある。2台も買えるほど裕福ではないのになぜあるかというと、1台は子供の誕生日のプレゼントで、1台はよめさんが懸賞に応募したら偶然当たったからである。

で、よめさんの DS が壊れた。子供が落としておりたたむ回転部分が外れてしまったのだ。

でもよめさんはあまり使わないし、子供用 DS があったのだが、この前子供1号が使用中に子供2号が体当たりして、同じように壊れてしまった。

というわけで、どうせなら一緒に、ということで 任天堂ホームページ:修理のご案内 から修理を依頼すると、梱包用の箱が送られてきて、それに入れて送付。

すると、なぜかよめさん DS が先に返送。ちなみに「本来なら有料になりますが、無料とさせていただきます」とのことで0円。本体交換。

で、なんで子供 DS が遅いのかなと思ったら、今日届きまして…。

どう見ても本体交換で「本来なら有料になりますが、無料とさせていただきます。シリアルNOが変更になっています」なのだが、、、

“任天堂のすごさを垣間見たとき” の続きを読む

障害と不具合

元エントリはこちら。

また「障害情報」につきましては、メンテナンスやアクセス障害などの
緊急度の高い情報のみを掲載するようにしております。

緊急度の問題なわけですね。なら「障害情報」ではなく「緊急障害情報」にして欲しい、などと細かいことを感じるようになってきたのは、あんまり自分が心穏やかでないからだろう。そろそろこの問題からは離れたほうが良さそうだ。最後に感じたことを纏めて、時間をおいてから、まだ思うところが残るなら、もう一度ゆっくり考えることにする。

まず、はてなカウンター日記でコメントで「障害報告を」と私も含む数人からコメントされていることに対し「障害」と「不具合」を「はてな側立場」で使い分けているところは非常にプロ的だと思う。

“障害と不具合” の続きを読む

デスマーチについて考える(デスマーチ経験のエピローグ)

これは某サイトで書いた日記()の転載です。

私はテスタとして、必ず

  • バグの修正を「お願いします」と言う。
  • バグ修正確認時は、必ず直してないところも最低1箇所は触ってみる。(でよく落ちる)
  • バグ修正が確認できたら、できるかぎり早く「確認できました。ありがとうございました」と言う。

を実践してゆきました。

ある日、一人のプログラマさんから相談を受けました

“デスマーチについて考える(デスマーチ経験のエピローグ)” の続きを読む

デスマーチについて考える前にデスマーチの経験を書く

これは某サイトで書いた日記()の転載です。

その昔、とあるプロジェクトがものすごいことになっていて、猛烈な勢いでスケジュールが遅れているのに、仕様がまったく決まっておらず「とりあえず」作ったモノを現地にブチこんで、そのあと燃え上がるであろう事態を収めよという命のもと、テスタとして放り込まれたことがある。

まずお客さんがいいかげんだった。もともと現行システムがあるので「仕様は現行と同じでいい」と言いながら、思いつきで「新しいシステムだからこんな機能も欲しい」という、失敗するならそれ! ということを頻繁に行った。
受けたSEもいいかげんだった。お客さんが「このボタンを押すと計算結果が出る」というと、仕様書には「ボタン押下により計算結果が出力される」としか書かなかった。その計算はどのデータに基づいてどのような式で行われるのかは書かれなかった。もしそれをお客さんが(幸運にも!)教えてくれても、それが議事録に書かれることはなかった。
受けたプログラマもいいかげんだった。「この計算はどこのデータを見るんですか?」と質問したところ、SEは「うーん、とりあえずここだと思う」と言うので、それに対するエビデンスを残すことなく実装した。
そして、それらはだれかに検証されることなく現地に持ち込まれた。

そこに仕様のわからない私がやってきた。

“デスマーチについて考える前にデスマーチの経験を書く” の続きを読む